マレーシアへの渡航危険度4へ引き上げ!

マレーシアニュース

ニュース記事:

US adds Malaysia to list of ‘very high risk’ destinations

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年2月23日アメリカCNNのニュース・レポートによると

『アメリカ疾病予防管理センターは、

マレーシアを新型コロナウイルスの感染多発地域に指定し

渡航危険度の格付けを3から4へ引き上げました。

現在レベル4の国は、ブータン、ブルネイ、イラン、マレーシアです。

アメリカ疾病予防管理センターは、

旅行者に対してレベル4の国々へ旅行することの注意勧告を実施しています。』

 

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

アメリカ疾病予防管理センターが、

勝手にマレーシアの危険度を格付けするな!

と考えてしまうのは私だけでしょうか?

 

しかしながら、念の為ブータン、ブルネイ、イラン、マレーシアの

新型コロナウイルスの日々の感染状況を見てみるとイランを除いて、

感染者が右肩上がりで伸びていて、毎日新規感染者数の最高記録を

更新している状況でした。

 

まとめ:

アメリカ、イギリスなどは新規感染者のピークを越えて

新規感染者が激減しています。

ニュースなどの有識者の意見から考えると、

日本も新規感染者のピークを越えていると報道されています。

 

マレーシアでは、3月12日にジョホールバル州で選挙が実施されます。

ジョホールバル州の経済規模と人口は、マレーシア第二位です。

選挙では、多くの人々が、様々な目的で移動します。

昨年、マレーシアでは各地選挙の度に、新規感染者が急増しました。

そう考えるマレーシアの新型コロナウイルスのピークアウトは、

当分先の話になるかもしれませんね、、、、、、、

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント