マレーシアの道端で見つけた絶品料理!

マレーシアレストラン紹介

レストランの基本情報:

店名:Rojak & Cendol Aliff Van

 

ジャンル:

軽食

 

目的地住所、連絡先:

Jalan Desa Utama, Taman Desa, 58100 Kuala Lumpur

 

営業時間:

12:00PM – 17:00PM

 

レストラン内設備:

道路沿いで営業しているストロングスタイルです。

衛生面は、大変心配です。

 

まとめ:

マレーシア人とクアラルンプール市内を営業している時、

ちょっと休憩と言われ、このお店に連れて来てもらいました。

注文したのは、

 

チェンドル(Cendol)2.5RM(約75円)

かき氷の上に、ココナッツミルク、黒蜜がたっぷりとかかっています。

また緑色の奇妙なゼリーと茹でた小豆は相性がよく、

日本人が絶対に大好きな味に仕上がっていました。

 

ロジャック(Rojak)4.5RM(約135円)

マレー語でロジャックは、『ごちゃ混ぜ』と意味です。

食材は、きゅうり、マンゴー、油揚げ、卵などの上に

大量の甘いソースと辛いソースがかかっていました。

食感は、硬い食材と柔らかい食材が、ごちゃ混ぜになっています。

また味も甘さと辛さが、ごちゃ混ぜになっています。

複雑に絡み合い、はじめて食べる味でした。

私の直感ですが、体にはあまりヨロシクナイと感じました。

両方とも食べ物共に、

これぞマレーシア料理と言う食べ物なので、

是非試してみてください。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント