マレーシアで過ごした過去の記憶を呼び戻すことは難しい!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Japan says keen to share disaster risk management expertise with Malaysia

 

出典:

Japan says keen to share disaster risk management expertise with Malaysia | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Jan 7 — The government of Japan wants to share its experience and expertise in disaster risk management with Malaysia in an effort to reduce the i...

 

記事の超簡単要約:

2022年1月7日マレーシア日本大使館の高橋勝彦駐日大使は、

『日本政府がマレーシアの災害対策について、

具体的に何を協力できるかを具体的に述べることは時期尚早です。

しかし日本政府には、災害に対する経験と知識を持っています。

今後、日本とマレーシア間でさらなる協力体制が発展することを願っています。』

と述べました。

また高橋勝彦駐日大使は、150,000RMを洪水の支援金として寄付したことを

発表しました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

日本は災害大国です。

地震、噴火、台風、地滑り、津波、豪雪、猛暑などなど

日本で起きていない自然災害はないのはないでしょうか?

近い将来、日本政府が災害から得た知識や経験が

マレーシアの地で生かされることになれば、

両国の関係性が発展すること間違いなしです。

 

まとめ:

災害とは関係ありませんが、季節と記憶について書きます。

日本には、春、夏、秋、冬、四季があります。

一方、マレーシアの気候は、一年中ほぼ同じです。

私がマレーシアで生活をしている感じることは、記憶力の低下です。

厳密に言うと、私はマレーシア過去の記憶を鮮明に呼び戻すことができません。

理由は、マレーシアには季節がないからだと勝手に考えています。

これは、私の持論です。

 

過去、日本で生活していた時の記憶は、

その時の季節に絡めて記憶を呼び戻すことができます。

例えば、

2年前に日本に帰国した時の記憶を呼び戻すと、

『東京駅付近で友人と待ち合わせをしました。

寒い冬でしたが、マレーシアからの一時帰国だったので、

厚手のジャケットやマフラーがなく、友人が私の薄着を笑ったことを覚えています。

そして夕食は、焼き鳥を食べに行く予定でしたが、

鍋を食べに行きました、、、、、、』

などと過去の出来事を、その時の気候と結びついて

当時の鮮明に記憶を呼び戻すことができるのです。

 

しかしマレーシアで生活して数年が経ちますが、

過去の記憶は、ぼやっとしか思い出すことができません。

 

これは私の持論ですが、過去の記憶は、

その時の季節に付随してより鮮明に記憶に残ると思います。

マレーシアで住んでいる方の中で、記憶の低下は感じませんか?

私だけでしょうか?

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント