マレーシアで学ぶ留学生はマレー語が必須科目に!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

BM to be made compulsory for foreign students

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年3月19日マレーシア政府のサブリ首相は、

『マレーシアの大学で学ぶ留学生が、マレー語を学習することを

義務化することに同意します。

マレー語は、ASEAN地域で3億人以上の人々が使用しています。

マレーシア政府関係者は海外での会議で、もっとマレー語を話すべきです。』

と述べました。

 

この記事に大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアで学ぶ留学生がマレー語を学ぶ事に、

私は大賛成です。

言葉は、文化です。

マレー語を通じて、多くのマレーシア文化を学ぶことができるでしょう。

お隣の国タイの日本人学校では、

毎週タイ語を学ぶ授業があるそうです。

しかしマレーシアの日本人学校では、マレー語を学ぶ時間はありません。

英語だけです。

せっかくマレーシアで生活しているのだから、

週に1回や2回は、マレー語を学ぶべきだと思うのは私だけでしょうか?

もし片言のマレー語を知っていれば、将来どこかの場面で必ず役立つでしょう!

 

まとめ:

私は現在マレーシアの現地会社でマレーシア人と一緒に仕事をしています。

社内での会話は英語です。社内文書も英語です。

また客先との契約書も英語です。

役所関係の書類のみがマレー語です。

民間企業の約90%以上は、英語のみで仕事が完結します。

 

時々、市役所、税務署、港湾関係事務所、警察署へ行きます。

役所での英語の対応は、20%ぐらいです。

役所では、マレー語での会話、読み書きができないと仕事はすすみません。

よって私がこれらの役所へ行く場合、マレーシア人の同僚に一緒に付いてきて

もらっています。

しかし彼らの会話を聞いていると、会話の節々に英語とマレー語が入り混じっています。

 

マレーシアで仕事をする場合、少しのマレー語を

学んでおいても損はしません。

またマレーシアの田舎へ旅行する際は、マレー語が重宝します。

私も基礎からマレー語を学ぼうかと真剣に悩んでいます。

ジュンバラギ!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント