マラソン大会でペナン経済復活の兆し!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Penang hotels reach 100pc occupancy rate in post-pandemic era

 

出典:

Penang hotels reach 100pc occupancy rate in post-pandemic era
GEORGE TOWN, Dec 11 — Penang hotels have recorded close to 100 per cent occupancy rate for the first time this year in December, in the post-pandemic era. Penan...

 

記事の超簡単要約:

2022年12月11日ペナン観光経済委員会のヒン委員長は、

『ペナン州ではタイ、インドネシア、シンガポールからの観光客が増加し

パンデミック以降はじめてホテルの稼働率が100%に達しました。

年末が近づくにつれて観光客はさらに増えると予想しています。』

と述べました。

 

 

まとめ:

ペナンでは、12月11日に国際マラソンが開催されました。

このマラソン大会の影響もあったと思いますが、

ホテルの稼働率が100%に達したことは素晴らしいことです。

人がホテルに宿泊すれば、レストラン、観光地、交通機関など全ての業種が潤います。

 

マレーシアの観光業は、マレーシア経済の約12%を占めます。

観光業復活により、力強いマレーシア経済が戻ってくるでしょう。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント