ペナンフェリー旅は最高!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Tourism association in Penang says why reopen hotels if tourism spots will remain closed

 

出典:

Tourism association in Penang says why reopen hotels if tourism spots will remain closed | Malay Mail
GEORGE TOWN, Aug 10 ― Association of Tourism Attractions Penang (ATAP) chairman Ch’ng Huck Theng said it is pointless to allow hotels in states under Phases Two...

 

記事の超簡単要約:

2021年8月9日マレーシアペナン州観光協会のティン会長は、

『ペナン州は国家復興計画のフェーズ2の段階に入り、

ホテルの営業が許可されました。しかし観光施設やテーマパークの

営業は許可されていません。

一体誰が、ホテルに宿泊するのでしょうか?』

と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

記事に書いてあるように、観光施設やテーマパークが閉鎖したままでは、

ペナン州に旅行へ行く人は少ないでしょう。

1日も早く規制が緩和され営業が再開されることを求めます!

 

ペナン島は、マレーシアの北西に浮かぶ島です。

ペナン島の面積は約295万km2です。

シンガポール面積(721万km2)の約40%の面積です。

ペナン島は、『東洋の真珠』と呼ばれ、マレーシアでも屈指のリゾート地です。

ペナン島の中心地のジョージタウンは、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

イギリス植民地時代の建物と、様々の文化融合した独特な町並みを見ることができます。

 

ペナン島では、比較的多くの中華系のマレーシア人が多く住んでいます。

コロナ前、日本人観光客は、毎年、約4万人がここペナン島を訪れていました。

またペナン島では、日本人の駐在員やご家族、長期滞在者は、約3,000人前後いると

言われています。

ペナン島の時間の流れが、日本人に適しているのでしょう!

 

まとめ:

マレー半島からペナン島へ行く方法は、車、フェリー、飛行機の3つの方法があります。

私が家族とペナンへ旅行に行く時は必ず、マレー半島側からペナン島までフェリーを

利用しています。

理由は2つあります。

  • クアラルンプールからの長時間運転(約4時間)でクタクタになっていて、

フェリーの待ち時間(約30分)、フェリーの乗船時間(約20分)で、

仮眠を取ることができるからです。

  • フェリーを利用すると、旅行気分が一気に増します!

同じマレーシア国内ですが、フェリーを利用することによって、

海外旅行の気分を味わうことができます。

 

フェリーの中には、売店やトイレも完備しています。

ペナン島に行く際は、是非フェリー使用してみてください。

フェリーに乗船すれば、マレーシアの新たな一面を必ず発見することができますよ!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント