フライト遅延が続くエアアジア!

マレーシアニュース

ニュース記事:

AirAsia says sorry for flight disruptions

 

出典:

Just a moment...

 

 

記事の超簡単要約:

2022年5月10日エアアジアマレーシアの最高経営責任者のアスコット氏は、

『エアアジアでは、先週のハリラヤ祭日期間中に、

多くの路線でフライトキャンセル、スケジュール変更、遅延などが発生しました。

誠に申し訳御座いません。

パンデミック前を100機で運航していたと例えると、現在のエアアジアは、

40機で運航しています。

今後、エアアジアではフライトキャンセルなどを最小限に抑え、

安全に目的地到着できることを保証します。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

私の友人は、先週のハリラヤ連休期間中、

クアラルンプールからペナンの移動にエアアジアを使用しましたが、

飛行機の到着が大幅に遅れ、4時間も遅延したそうです。

その他の路線でも、フライトスケジュールのキャンセルや変更が

相次ぎました。

私もパンデミック前は、頻繁にエアアジアを使用していましたが、

遅延は日常茶飯事でした。

エアアジアの時間のルーズさは、パンデミック後も変わらないでしょう!

 

 

まとめ:

私がパンデミック前にエアアジアを利用していた時に出会った、

印象的な客室乗務員について書きます。

まず、一人目はインド系の若くてスリムな女性の客室乗務員です😀!

その女性は、機内でのサービス中、終始スマートフォンをいじり倒していました。

エアアジアの客室乗務員は、

業務中に私用でスマートフォンを使用しても良いのでしょうか?

 

そして二人目は、マレー系の体のガッシリした男性の客室乗務員です。

私は機内でナシルマを購入しました。

ナシルマの価格は、当時8.90RMでした。

私は9RMを支払いました。

マレー系の男性は、私から9RMを受け取り、

現金を入れるバックへ9 RMを入れました。

そして現金の入っているバックからお釣りの10セントを探していました。

暫くして、その男性は私に

『We do not have 10 cent. Do you need it?』

『10セントがありません、必要ですか?』私に聞いてきました。

たかが、10セントです。

客に対してお釣りを入りますか?と聞くことに

私は、驚きと怒りを感じました!

 

しかし超小心者で無能な私は、英語で怒りを表現することをためらい

『No problem!』と笑顔で応えて10セントを受け取りませんでした。

この客室乗務員の対応は、一生忘れることはないでしょう!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント