フェーズ2へ移行決定!

マレーシアニュース

ニュース記事:

PM : No ore roadblocks, travel within Klang valley allowed in Phase Two from Friday

 

出典:

PM: No more roadblocks, travel within Klang Valley allowed in Phase Two from Friday | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 8 — Selangor, Putrajaya and Kuala Lumpur, which have been categorised as one infection zone, will transition into Phase Two of the National R...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月8日マレーシアのサブリ首相は、

『9月10日(金曜日)よりセランゴール、クアラルンプール、プトラジャヤは、

国家復興計画のフェーズ2に移行します。

フェーズ2では、美容院の営業が許可され

多くのスポーツ活動及びレクリエーション施設も営業が許可されます。』

と発表しました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

サブリ首相は、ワクチン接種状況が順調に進んでいること理由に

今回の規制緩和を決定しました。

 

活動制限が実施された6月1日の感染者数は、7,105人でした。

しかし昨日9月8日の新規感染者数は、19,733人です。

また1日あたりの死亡者数も361人です。

3ヶ月前の感染者と比較して3倍の状況にかかわらず、

規制を緩和しても大丈夫なのでしょうか?

心配のしすぎでしょうか?

 

規制が緩和された影響で、多くの人々が外出して

感染が拡大しないか心配です。

再度、ロックダウンとなったら精神的にもおかしくなりそうです。

 

まとめ:

数ヶ月前マレーシア政府は、規制緩和の大枠のスケジュール下記のように

発表しています。

 

数カ月前に発表された規制緩和の大枠のスケジュール:

フェーズ1:6月~ 生活に必要な業種のみ営業可能、社会的活動禁止

フェーズ2:8月~ ポジティブリストの業種のみ営業可能、部分的社会活動禁止

フェーズ3:10月~ ほぼ全ての業種で営業可能

フェーズ4:12月~ 日常生活

 

サブリ首相は、9月10日からフェーズ2に移行する発表したので、

約1ヶ月遅れですが、着実に規制を緩和していることになります。

 

この調子で規制が緩和されれば、来年の1月もしくは2月には、

マレーシア国内旅行が可能となるでしょう。

また以前のように海外旅行が可能になるのは、来年2022年4月~6月頃を

予想します。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント