ファイザー経口薬2週間以内にマレーシアに到着予定!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Malaysia to receive Pfizer’s Covid-19 pills in two weeks, says Khairy

 

出典:

Malaysia to receive Pfizer’s Covid-19 pills in two weeks, says Khairy | Malay Mail
KUALA LUMPUR, March 5 — Malaysia is expected to receiving its first shipment of the Covid-19 oral antiviral treatment, Paxlovid by Pfizer, in two weeks, said He...

 

記事の超簡単要約:

2022年3月5日マレーシア政府保健省のカイリー大臣は、

『マレーシア政府は、ファイザー社から新型コロナウイルスの経口薬を

2週間以内に受け取る予定です。最初に受け取るのは、11万人分です。

アストラゼネカ社の経口薬の購入は、まだ決定していません。』

と述べました。

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

3月5日の新規感染者数は、33,209人を記録し過去最高となりました。

ここ最近感染者数は、30,000人前後でしたが再び30,000人を越えてしまいました。

しかしマレーシアの国内ニュースなどでは、

さほど大きくは取り上げられていません。

 

このニュースよりも、

・3月15日からタイやカンボジアからの旅行者を受け入れる

・ハリラヤ前には完全に国境を開放する

・2022年度マレーシアGDPは5.8%達成予定

など、まるで新型コロナウイルスを克服したかのような、

前向きなニュースが多く取り上げられています。

このまま新型コロナは、終息していくことを願っています。

 

まとめ:

本日、取り上げた記事によるとマレーシアにも

ついにファイザー社の経口薬が届く予定です。

 

しかし昨年から承認待ちとなっているイベルメクチンは、

どのうなったのでしょうか?

2021年11月7日マレーシア臨床研究所のペアリアサミー所長は、

『イベルメクチンは、新型コロナウイルス感染症の予防薬、

早期治療に対して有効である可能性がある。』と述べました。

 

Just a moment...

 

イベルメクチンが、新型コロナウイルス感染症の

予防薬と早期治療に対して有効であるならば、

今こそマレーシア国内でイベルメクチン使用するべきではないでしょうか?

イベルメクチンの使用が、マレーシア国内で承認されることを祈ります。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント