ニュース記事:賄賂を受け取り職員逮捕(雑感:社内怪しい人あるある)

マレーシアニュース

ニュース記事:

More than 40, including 32JPJ officers, arrested in MACC dragnet against

Syndicate protecting truck firms

 

出典:

More than 40, including 32 JPJ officers, arrested in MACC dragnet against syndicate protecting truck firms | Malay Mail
KUALA LUMPUR, March 16 — The Malaysian Anti-Corruption Commission (MACC) arrested 44 individuals, including 32 officers from the Road Transport Department (JPJ)...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年3月16マレーシア汚職防止委員会(MACC)は、

『運送会社やトラック運転手から賄賂を受け取ったとして、マレーシア道路輸送局(JPJ)の職員や役員44人を逮捕した』と発表しました。

 

またマレーシア汚職防止委員会(MACC)は、

『マレーシア道路輸送局(JPJ)の職員や役員が不正に受け取った額は、約1,640,000RM(41百万円)に達する』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は、現在マレーシアで海外駐在をしています。

私がマレーシアでマレーシア人と仕事をしていて、不正を発見しスタッフを解雇や起訴した経験はありません。

しかし『この人怪しいなー』感じたことは、何度かあります。

今日は、『この人怪しいなー』と感じたあるある事例を書きます。

 

社内怪しい人あるある

・高級車を購入しがち

怪しいスタッフは、高級車を購入しがちです。

あぶく銭なので、自分の身の丈にあっていない物を購入してしまうのです。

 

・他のスタッフを批判しがち

怪しいスタッフは他のスタッフの仕事を批判しがちです。

怪しいスタッフは、自分の不正に目がいかないように、他人を敢えて批判するのです。

また批判されたスタッフの存在が邪魔で、批判するケースもあります。

 

・合理的な質問に苛立ちがち

怪しいスタッフは、行っている不正を正当化しがちです。

不正を行っているにも関わらず、正しいことを行って思っているのです。

ですから、私が怪しいスタッフに日常的業務の質問をしても、回答が遅れたり感情的になったり、曖昧な回答をする場合があります。

 

・職務変更を嫌がり昇進、転勤、業務変更を拒否しがち

怪しいスタッフは、昇進、転勤、業務変更を断ります。

仕事の内容が変わってしまうと、不正ができなくなり、不正が明らかになるからです。

 

・悪い噂が立ちがち

何か不正が行われていれば、必ず顧客、サプライヤー、同僚から悪い噂が

流れてきます。

『火のないところに煙は立たない』、素晴らしい諺です。

 

 

まとめ:

社内の全ての不正を防止することは不可能かもしれません。

しかし不正を行うことを困難にする仕組み作りは可能です。

 

不正によって、会社に帰属する利益が流出することはあってはならないことです。

今日は、少し真面目に書きました!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント