ニュース記事:大臣が中国製ワクチンを接種!(雑感:ワクチン接種について)

マレーシアニュース

ニュース記事:

After taking Sinovac shot, Kairy announces in Mandarin that all Covid-19 vaccines are safe

 

出典:

After taking Sinovac shot, Khairy announces in Mandarin that all Covid-19 vaccines are safe | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Mar 18 — Science, Technology and Innovation Minister Khairy Jamaluddin announced in Mandarin today that the Sinovac Covid-19 vaccine from China he...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年3月18日マレーシアのカイリー科学技術革新大臣は、メディアの前で

中国製ワクチン『Sinovac』を接種しました。

 

カイリー科学技術革新大臣は、ワクチン接種後に中国語で

『すべての新型ワクチンは安全である』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は、現在マレーシアで海外駐在をしています。

 

中国政府は、中国製の新型コロナウイルスワクチンの接種証明があれば、

ビジネスマンやその家族などが中国への渡航ビザを申請する際、必要書類を

一部省略すると発表しています。

 

ワクチンを外交のカードに使うあたり、中国って感じですね!

華僑が多く住む東南アジアでは、今後中国製ワクチン『Sinovac』の

接種を希望する人が増えていくのではないでしょうか。

 

 

まとめ:

世界各地でワクチン摂取が開始されました。

マレーシアでは、サンウェイピラミッドショッピングモールなどでも

ワクチン接種が可能となります。

ここマレーシアでも新型コロナウイルスのワクチン接種が、

日に日に身近なものとなってきています。

また新聞、テレビ、インターネットでは、ワクチンの情報で溢れかえっています。

どの情報が正しくて、間違っているか判断に迷うことが多々あります。

 

私は、ひとまず静観することにしました。

まずは自分自身では、積極的に行動せずに、事の成り行きを静かに見守ります。

そして情報を集めます。

 

そして半年後、いや一年後にどの国のワクチンを摂取するか決めたいと思います。

でももしかしたら、一年後には、新型コロナウイルスのことなんか、

誰も話していないかもしれませんね。

 

1日も早く新型コロナウイルスが終息することを期待します。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント