ニュース記事:ラマダンバザール開催決定!(雑感:絶食月について)

マレーシアニュース

ニュース記事:

SDMC : Ramadan bazaars in Sarawak allowed to operate

 

出典:

SDMC: Ramadan bazaars in Sarawak allowed to operate | Malay Mail
KUCHING, March 25 — Ramadan bazaars are allowed to operate in Sarawak during the month of Ramadan from April 12 to May 12 in accordance with the standard operat...

 

記事の超簡単要約:

2021年3月25日、マレーシアサラワク州の災害管理委員会は、

来月4月12日~5月12日のラマダン(絶食月)のバザールの開催について、

サラワク州の災害管理委員会から営業許可を取得すれば、営業を許可すると

発表しました。

 

また災害管理委員会は、すべてのバザーの運営に関わる人は、スワッブテストの

陰性証明書の提出が必要であると述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は、現在マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアは、イスラム国家です。イスラム教徒は、毎年1ヶ月の間、断食を行います。

しかし1ヶ月の間、なにも食べられないわけではありません。

日の出から日没までの間だけ、食べ物や飲み物を口にすることができません。

 

この絶食月の1ヶ月間、イスラム教徒の方々が、日没後にすぐに食事ができるように

『ラマダンバザール』がマレーシアの各地で開催され、マレー料理、飲み物を販売する

屋台が立ち並ぶのです!

 

『ラマダンバザール』に行けば、マレーシア各地の郷土料理を食べることができます!

 

毎年ラマダン期間中は、マレー人のご家庭に招待してもらっています。

日没後のマレー人の食事は、豪華です!

マレー人の多くは、違う人種、宗教の人でも食事を大勢で分け合う文化があります。

来月から始まるラマダンが楽しみです!

 

 

まとめ:

ラマダンとは、イスラム教徒にとって自身の信仰心を高め清める目的があります。

このラマダン期間は、多くの欲を捨て、イスラム教の神へ、身を捧げる期間です。

そのためラマダン期間は、日の出から日没まで、飲食、性行為、喫煙が禁止されます。

また他人への親切心を重んじ、他人や団体へ寄付する人々が増えます。

 

マレーシアでは、一年中、お昼の外気温度30度を超えます。

しかしイスラム教徒はラマダン期間の日中は、飲み物を飲むことができません。

私が一緒に仕事をしてスタッフの中に、マレー人が数名いますが、

この期間は脱水症状にならないかと心配になります。

また私は、普段事務所で食事をするのですが、このラマダン期間だけは、

マレー人の前で食事をするは申し訳ないので、外食をしています。

 

このラマダン期間は、マレー人の中には仕事の生産性が落ちる人もいます。

しかし中には、空腹感を見せないで元気に振る舞うマレー人スタッフもいます。

 

ラマダンは、我々日本には存在しない慣習なので、最初は戸惑いました。

また拝金主義を掲げている日本の本社の人達に、ラマダンを説明しても、

現地にいないので理解してもらえません。

 

私は生活のなによりも、イスラム教の教えを大切にするマレー人を

尊敬することが多々あります。

 

そしてラマダン期間中に、生産性の落ちる我社のマレー人スタッフを理解し、

手助けを惜しまない中華系マレーシア人とインド人に、私は頭が上がりません。

 

私に出来ることは、ラマダン期間中に、しっかりとマレー人をサポートすることです!

ラマダン期間中はいつも以上に、朝、昼、夜と、バランスの取れた食事を食べ健康を

維持していきたいと考えています!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント