ニュース記事要約:ランカウイフェリーがサービスを本日再開(雑感:ランカウイ島について)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

ランカウイフェリーがサービスを本日再開

 

ニュース記事:Langkawi-Kuala Perlis ferry service resumes today

 

出典:

Langkawi-Kuala Perlis ferry service resumes today | Malay Mail
ALOR SETAR, Nov 22 — The Northern Region Malaysian Marine Department, with the cooperation of ferry operators, will reopen the Langkawi-Kuala Perlis ferry servi...

 

記事の超簡単要約:

2020年11月21日マレーシアアロースター北部海事局は、ランカウイークアラペリス間のフェリーサービスを再開すると発表しました。

 

フェリーの往来の頻度は、一日2往復です。

出発時間:

・ランカウイ:出発午前10時30分 ~ クアラペリス:出発午後5時30分

・クアラペリス:出発午前10時30分 ~ ランカウイ:出発午後5時

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

コロナウイルス感染者が少しずつ減少してきて、旅行関係のビジネス機関のサービスの

再開のニュースを聞くと、気分が明るくなります。

 

マレーシアで、一番人気の観光スポットと言っても過言ではない、『ランカウイ島』について、記事を書きます。

ランカウイ島概要:

ランカウイ島は、マレーシアの北西に浮かぶ島です。

ランカウイ島を含め、周辺に99の島々からなりランカウイ群島と呼ばれています。

1980年後半から政府主導で島のリゾート化がすすみ、現在では多くのホテルがたちならんでいます。

 

東南アジアで中でも屈指のリゾート地として世界中から多くの観光客が来ています。

ランカウイ島の面積は380km2で、東京都の約半分ぐらいの面積です。(東京都627km2)

またランカウイ島は、免税島(Duty free zone)として有名で、

ブランド品、酒、タバコを免税価格で購入することができます。

一番安いビールは、1缶2RM前後で購入できコーラよりも安い価格で

購入することができます。ビール好きには、たまらないですね!

 

まとめ:

マレーシアには、本当におすすめの観光スポットが多くあります。

今年は、コロナウイルスの影響で観光業は、大打撃を受けました。

しかしコロナウイルスが終息次第、必ずマレーシアに多くの観光客が

訪れることでしょう。

 

小説家の田山花袋さんの言葉に、

『旅はどんなに私に生々としたもの、新しいもの、自由なもの、

まことなものを与えたであろうか。旅にでさえすると私はいつも本当の自分となった』

とあります。

 

私も旅行をして、普段と全く違う場所や環境に身を置くと、周りをあまり気にすることが

無くなります。そして旅行中に普段背負っているものを解放し、自分自身を見つめ

直したりすることによって、自分の気持ちに気づいたり、家族の大切さを感じたり

することができるのではないかと考えています。

 

一日も早く、コロナウイルスが終息し、気軽に旅行できる日常が戻ってくることを

祈っています。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント