ニュース記事要約:マレーシア車内で約3百円が盗まれる(雑感:現金払いが必要な時とは?)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア車内で約3百円が盗まれる

 

ニュース記事:Man finds RM120,000 missing from car after changing flat tire on Federal Highway; foreign duo held

 

出典:

Man finds RM120,000 missing from car after changing flat tire on Federal Highway; foreign duo held | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Nov 26 — A man discovered that RM120,000in cash was stolen from his vehicle after he had finished changing a flat tyre at the Federal Highway on F...

 

記事の超簡単要約:

2020年11月25日ブリックフィールド警察署長オマール氏は、コロンビア国籍の55歳の男性と70歳の女性を逮捕したと発表しました。

 

容疑者は、マレー人の男性が高速道路でパンクしたタイヤを修理している間に、車の中からRM120,000(約3百万円)を盗んだ容疑で逮捕されました。

 

この容疑者は、その他の3つの事件にも関与しているとして捜査が続けられています。

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

この記事を読んで驚くべき点が3つあります。

・なぜマレー人は、3百万円も大金を車で運んでいたのか?

・なぜコロンビア国籍の容疑者は、車の中に3百万円があることを知っていたのか?

・どうやってコロンビア国籍の容疑者は、車の中の3百万円を盗んだのか?

謎は、深まるばかりです。

 

今日は、日々生活する中で、現金を支払わなければならないシュチュエーションがあるかを考えてみました。

駐車場:

マレーシア、日本でも多くの無人駐車場では、現金支払が支流となっています。

夜暗い中、車内で小銭を探すは大変ですよね。いち早く、電子決済かカードで支払が

できることを期待します。

 

私がマレーシアに駐在になる前は、東京都に住んでいました。

自宅の近くに、100台前後駐車できるコインパーキングがあり、会社へ出社前にいつも

そのコインパーキングの前を通って出社していました。

何故かと言うと、コインパーキングの出入り口付近に、かなりの確率で小銭が落ちていたからです。毎月、1,000円~2,000円前後は小銭を拾っていたと思います。

話が逸れました。

 

役所での支払:

マレーシア役所でのサービスの支払は、現金払いがほとんどです。

私が駐在前に、日本国内でスピード違反の罪で捕まってしまいました。

何キロオーバーか、忘れてしまいましたが、確か40キロ以上だったのではないかいと

記憶しています。

そして簡易裁判所へ行き、裁判官に罪を告げられて、私が罪を認めた後に、罰金額が書かれた紙を渡されました。

 

衝撃だったのは、裁判官席のすぐ隣に、罰金の支払窓口と、銀行のATMマシーンがあったことです。日本の役所では、一気通貫の便利なサービスを提供しています。

 

冠婚葬祭:

これは万国共通で、現金支払ではないでしょうか?

もし電子決済、カード払いを経験したことがある方は、

是非体験談を教えてください。

 

まとめ:

私はマレーシアに現在駐在していますが、現金をほとんど持ち歩きません。

毎月500RM(約12,000円)を銀行から下ろす程度です。

買い物などの支払いは、全てカードで決済しています。

財布は、かばんに入れているので、たまに財布を忘れて外出することも

多々あります。

 

何度か会社近くのマレー系レストランで、昼食を食べた後に、財布を持ってくる

ことを忘れたことに気が付いたことがあります。

財布を忘れた時は、いつもレストランの店員さんに、財布を忘れたことを伝え、会社に戻って財布を取りに行くと伝えるのですが、店員さんは決まって

『お金は明日の支払でいいよ』と言ってくれます。

最近では、店員さんの行為に甘え、財布を忘れる頻度が増えているように感じています。

 

ここマレーシアの地で、『日本のツケ払い』を実践している駐在員は、間違いなく

私だけではないでしょうか。

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント