ニュース記事要約:マレーシア航空は破産するか?(雑感:マレーシア航空の思い出)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア航空は破産するか?

 

ニュース記事:Decision to close Malaysia Airlines parent firm not finalized, says Tengku Zafrul

 

出典:

Decision to close Malaysia Airlines parent firm not finalised, says Tengku Zafrul | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Dec 15 — The decision to close or terminate the operations of Malaysia Aviation Group Bhd (MAGB) has not yet been finalised and depends on the out...

 

 

記事の超簡単要約:

2020年12月15日マレーシア政府のテング財務大臣は記者会見で、

『マレーシア政府は、マレーシア航空とマレーシア航空の親会社(カザナ社)の株式を保有していないため、マレーシア航空の事業継続や事業再編の決定は、親会社のカザナ社が検討すべき事項である』と発表しました。

 

またカザナ社はマレーシア航空の再編の為に、280RM億(7,000億円)の資金を注入したと述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

マレーシアのナショナルフラッグであるマレーシア航空は、経営破綻してしまうのでしょうか?コロナウイルスショックの打撃を受ける前から、マレーシア航空を赤字経営が常態化していました。

 

個人的は、マレーシアが大好きです。

理由は、

・マレーシア航空のスチュワーデスさんは気さく方が多く、気軽に話しかけてくれる人が多いです

・航空券が安い

 

経営状況は厳しいでしょうが、マレーシア航空の復活を期待しています!

 

 

まとめ:

私が生まれたはじめて搭乗した飛行機は、『マレーシア航空』です。

今から約20年前ですが、はっきりと記憶に残っています。

成田発 → クアラルンプール着の夜便でした。

 

当時は、機内で喫煙することできました。

機内は、びっくりするぐらいガラガラでエコノミー席の4席を1人で使用できました。

4席を使用し横になりながら、たばこを吸った思い出があります。

 

また数年前、JALでクアラルンプール → 成田へ帰国する際に、

JALのチェックインカウンターで、

オーバーブッキングのため席を譲って頂けないでしょうか?

もし席を譲って頂ければ、JALとほぼ同時刻のマレーシア航空で日本へ帰国して頂き、

謝礼として現金3万円お支払い致します。』

と言われました。

 

JALとほぼ同時刻のマレーシア航空で日本へ帰国できて、

現金3万円をもらうことができる!

勿論、二つ返事でJALのチケットを譲りました。

 

JALの代わりに搭乗した

『マレーシア航空』の機内は、びっくりするぐらいガラガラでエコノミー席の4席を1人で使用できました。

 

なぜか私がマレーシア航空を利用する時は、決まって機内はびっくりするぐらい

ガラガラです。

 

今、マレーシア航空が窮地に立たされています。次回、日本へ帰国する際は、微力ながら

マレーシアのナショナルフラッグ『マレーシア航空』を利用します!

 

オーバーブッキングとは?

オーバーブッキングとは、航空会社が飛行機の座席数よりも乗客数のほうを上回って

予約を受け付けてしまった過剰予約の事です。通常航空会社のオーバーブッキングの対応としては、振替便を手配するか上位クラスの座席が空いていればアップブレードを提供します。

 

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント