ニュース記事要約:マレーシア政府は留学生の入国を許可(雑感:寅さんが考える大学へ行く意味)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア政府は留学生の入国を許可

 

ニュース記事:Malaysia reopens borders to international students from Jan 1

 

出典:

Malaysia reopens borders to international students from Jan 1 | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Dec 22 ― International students will be allowed entry into Malaysia once more starting January 1, 2021, Senior Minister (Security Cluster) Datuk S...

 

記事の超簡単要約:

2020年12月22日マレーシア政府のヤコブ議員は、2021年1月1日から留学生のマレーシアへの入国を許可することを発表しました。

 

会見でヤコブ議員は、『マレーシアへ入国を希望する留学生は、入国3日前に自国にてウイルス検査を行う必要があり、マレーシア空港に到着後、再度ウイルス検査を行います。

そして空港到着後は、10日間の強制隔離となります。この強制隔離の費用は、入国を希望する学生が負担します』述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

留学生も大変ですね。マレーシアに戻って勉強するために、ウイルス検査費用、

隔離費用など、多額の出費となりますね。

 

一日も早く、コロナウイルスが終息することを祈っています。

 

今日は、私が現在悩んでいる子供の教育について書きます。

現在、私はマレーシアに駐在し家族もマレーシアで一緒に住んでいます。

子供は、マレーシア国内で日本語教育を受けています。

 

この先、マレーシアに何年間住むかわかりませんが、子供をインターナショナル

スクールで勉強させようか悩んでいます。

 

しかしインターナショナルスクールで勉強させて、日本語力の低下するのではないかと

心配しています。

実際にインターナショナルスクールで学んでいる日本人のお子さんの中には、

日本語の読み書きができない子もたくさんいます。

日本語の読み書きができなくては、将来の日本での生活が心配です!

 

『二兎追うものは一兎も得ず』と言う諺があるように、確実に日本語を勉強させる

べきでしょうか?

 

もしアドバイス頂ける方がいれば、コメントお願いします。

 

 

まとめ:

何故、学生は勉強しなくてはいけないのかを考えてみました。

 

寅さんは映画『男はつらいよ』の中で、勉強する理由、大学へ行く理由について下記の

ように話しています。

 

『人間、長い間生きていればいろんな事にぶつかるだろう。そんな時、俺みたいに

勉強していないヤツは、振ったサイコロの出た目で決めるとか、その時の気分で

きめるよりしょうがない。

 

ところが、勉強したヤツは自分の頭で、きちんと筋道を立てて、

’’はて、こういう時はどうしたいいかな?’’

と考える事が出来るんだ。だから大学に行くんじゃないか』

 

なるほどー。さすが寅さん、言葉に重みがあります。

『自分の頭できちんと筋道を立てて、困難を解決できる力』があれば、いいのですね。

 

日本語だろうが英語だろうが、関係なさそうですね。

 

でもどうやって『自分の頭できちんと筋道を立てて、困難を解決できる力』を養う

ことができるのでしょうか?

 

やはり公文式でしょうか?

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント