ニュース記事要約:マレーシア政府は旧正月中の家族の集いを許可(雑感:正月の思い出)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア政府は旧正月中の家族の集いを許可

 

ニュース記事:CNY reunion dinners allowed again, says National Unity Minisrty,

For families within 10km of each other

 

出典:

CNY reunion dinners ‘allowed’ again, says National Unity Ministry, for families within 10km of each other | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Feb 7 — The annual reunion dinner on the eve of Chinese New Year is “allowed” to be held this Thursday during the movement control order (MCO), th...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年2月7日マレーシア政府のヤアコブ上級大臣は、『旧正月の前夜に開催される家族での夕食の集いを許可する』と発表しました。

 

またヤアコブ上級大臣は、『集いの人数は15名までとし、10Km以内に住む家族に限定する』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

私は現在マレーシアに駐在しています。

マレーシア政府は、旧正月中の家族の集いを禁止するとしていましたが、

昨日に方針を撤回し『15名までの家族の集いを許可する』と発表しました。

マレーシア政府は、華僑からの強い反発により方針を撤回したようです。

 

 

まとめ:

マレーシアの旧正月にも、日本と同じような『お年玉』=『アンパオ』の

文化があります。

 

今日は、私の正月の思い出の『お年玉』について書きます。

私が幼少時代、毎年決まって、新年の1月2日は、

父方の祖父の家に親戚で集まっていました。

そこで、おせち料理を食べて、祖母や、親戚のおじさん、おばさんからお年玉を貰うのです。

 

私が小学校の時のお年玉の相場は、

祖母:10,000円

親戚:3,000円×5家族=15,000円

合計:25,000円 でした。

 

毎年、祖母のお年玉袋は、大きく、立派のものでした。

そのお年玉袋の中には、必ずピン札の1万円札が入っていました。

私は、今でもピン札を見るたびに、祖母やお年玉袋のことを思い出します。

また祖母からお年玉袋を受け取る時は、

祖母の前で正座をして、両手と額を床につけて、お年玉袋を受け取っていました。

これは強烈に思い出として記憶に残っています。

 

私には、1月2日に特別な毎年貰えるお年玉がありました。

それは、祖父からのお年玉です。

祖父の家は、三階建てでした。

宴会は、2階で行われていました。祖父は、基本的に一人が好きで、

宴会に参加せずに、いつも1階でテレビを見てお酒を飲んでいました。

 

ある年から、私が祖父の横でテレビを見ていると

祖父は私に、『好きな物を買いなさい』と言って、

1万円をそっと手渡してくれました。

 

その翌年から、私は正月の集いの時は、親戚の同年代の子供達とも話さず、

宴会にも参加せずに、じっと祖父の横に座って祖父の1万円を待つのです。

隣に座ってすぐに1万円をくれる年もありましたが、帰宅する直前になって

1万円をくれる年もありました。

祖父が亡くなるまで、正月に祖父は孫の私にだけ1万円を渡し続けてくれました。

 

私の正月の思い出は、『祖母がくれる1万円』と『祖父がくれる1万円』です。

社会人になっても、お金を大事に扱う気持ちを忘れないのは、

祖母や祖父の教えだと感じています。

 

祖母も祖父も他界しましたが、年間行事の正月やお年玉の度に、

祖母と祖父が私の記憶に蘇ってきます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント