ニュース記事要約:マレーシア指名手配リスト80,000人(雑感:ペナン島について)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア指名手配リスト80,000人

 

ニュース記事:IGP:Nearly 80,000People on Malaysia’s most wanted list

 

出典:

IGP: Nearly 80,000 people on Malaysia’s most wanted list | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Jan 27 — Over 78,000 people are currently being sought by the police for various drug- and fraud-related crimes, revealed Inspector-General of Pol...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年1月26日マレーシア警察のアブドゥル長官は『マレーシア国内の指名手配人数を78,026人』と発表しました。

 

またアブドゥル長官は『多くの指名手配者は、海外に逃亡している可能性が高い』と述べています。

 

78,026人の指名手配者の内訳は、

麻薬シンジゲート、麻薬中毒者:43,172人(55%)

詐欺、マネーロダリング:18,497人(24%)

その他:16,357人(21%)

となっています。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

記事によるとマレーシア国内の指名手配者が約80,000人です。

マレーシアの総人口は、約32,000,000人です。

80,000人÷32,000,000人=0.0025

1,000人×0.0025=2.5人

計算によるとマレーシア人の1,000人の内の2.5人は、指名手配者となります。

 

日本、アメリカ、タイなどで指名手配者の人数を比較したく

調べたのですが、正確な数字を見つけることができませんでした。

 

しかしマレーシア人の1,000人の内の2.5人が、指名手配者となると

少し人数が多いような気がします。

こう考えるのは、私だけでしょうか?

 

 

まとめ:

私は過去に、警察に追われた経験があります。

 

学生時代に運転免許を取得してすぐ、父親の会社の車を借りて友達とドラフトをしました。

運転していた時間は、夜22:00PM頃だと思います。

一般道を運転していたのですが、突然、運転席の前方で『ピカッ』と光りました。

私が運転していた車の速度が、法定速度を破り、オービスが反応したのです。

 

自宅に帰り、オービスの件を父親に伝えました。

父親は、『そのうち警察から車の所有者に連絡がくるから、連絡が来たら警察に行こう』と

言われました。それから数ヶ月間、警察からの連絡を待ちましたが、警察から連絡は来ませんでした。

 

その後、時は3年間流れました。その間、父親の会社は引っ越しをしました。

ある日の午後、警察から父親の会社の保証人へ連絡が入りました。

そうです、あの『オービスの件』です。

 

警察によると、父親の引っ越す前の会社へ違反書類を送り続けたが、

全く返信が無いため、警察から父親の会社の保証人へ連絡したそうです。

 

私は3年の年月を経て、警察へ出頭しました。

警察署で警察官の方が、オービスで撮影した写真を見せてくれました。

3年前の写真でしたが、間違いなく私の顔とはっきり認識できる写真でした。

あまりに鮮明に写真が写っていたので、写真をくださいと申し出ましたが、

写真を貰うことはできませんでした。

 

警察官の方曰く、車の所有者と運転者は、必ずしも一致しないので、

違反者を探し出すには、時間が掛かると話していました

 

私は、警察署で罰金を支払いすぐに開放されました。

 

昔、私の大学のゼミの教授が、

『事故、警察、追徴課税』などは、前触れなしにやってくると言っていました。

警察からの連絡は、前触れなしにやってくるのでご注意を!!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント