ニュース記事要約:マレーシア南部の住民が洪水により緊急避難(雑感:マレーシアの自然災害)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア南部の住民が洪水により緊急避難

 

ニュース記事:Eight residents of Kampung Batu 10 Skudai evacuated due to flood

 

出典:

Eighty residents of Kampung Batu 10 Skudai evacuated due to flood | Malay Mail
JOHOR BARU, Nov 3 ― Eighty residents of Kampung Batu 10, Skudai here, were forced to evacuate yesterday evening when flood water entered their homes following a...

 

記事の超簡単要約:

2020年11月2日スクダイ地区の消防運用司令官は、深夜マレーシアジョホールバルー州のスクダイ地区で、大雨により洪水が発生したことを発表しました。この洪水により、スクダイ地区の住民80人は、スクダイ地区にある緊急センターへ避難しました。

また消防運用司令官は、警察、社会福祉局、市民防衛軍、保健省などの職員が救命活動に関与したと述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

今日は、マレーシアで起こり得る5つの自然災害について、起こる可能性が高い順番に説明していきます。

 

洪水:

マレーシアの洪水の原因は、短時間の集中豪雨です。集中豪雨により、下水道の処理能力を上回り、排水しきれずに街中に水が溢れるケースがほとんどです。日本のように河川の水の推移が上がり、堤防が決壊したり、堤防から水が溢れることは稀です。

 

マレーシアクアラルンプール周辺の地形は、平地が少なく、高低差があります。

当然の事ですが、水は土地の高いところから低いところに流れます。集中豪雨による大量の雨水は、土地の低いところに流れます。

クアラルンプール周辺では、集中豪雨の後、街中や道路が川のようになる場所が多くあります。その場所は、決まって土地が低いのです。

洪水の被害に遭う地域も決まって、土地が低い場所です。

 

洪水対策:

マレーシアで家を借りる時は、なるべく土地の高い場所を借りることをおすすめします。

土地の低い場所の一軒家は、集中豪雨の後に水が流れ込む恐れがあります。

マレーシアで、一軒家を借りる人は少ないと思いますが、注意が必要です。

また集中豪雨の後、道路が川のようになる場所が多くあります。

これらの場所も、土地が低い場所なので、車での侵入には十分注意が必要です。

車のエンジンルームに水が侵入した場合、エンジン全損なんてこともありえますよ。

 

台風:

マレーシア北部で発生した台風は、そのまま北に移動するためマレーシア本土に上陸することはありません。しかし台風並みの暴風雨の風や雨は、頻繁にやってきます。

また暴風雨の後に、木が倒れて、道が交通止めになることも多々あります。

 

台風対策:

暴風雨の時の外出と車の運転は、控えましょう!また外出時に、家の窓は閉めてから外出しましょう。一度、我が家では、寝室の窓を開けっ放しで外出して、帰宅後にベットやパソコンが水浸しになっていたことがありました!

 

ヘイズ:

ヘイズとは、森林火災や焼畑農業などが原因の大気汚染です。通常5月~10月頃にかけてマレーシア全土を白い煙が覆います。毎日、新聞やニュースでは、ヘイズ指数を公表しています。下記、サイトでも世界の大気汚染指数を見ることができます。

マレーシアの大気汚染: 現在の大気汚染地図
今日の大気はどうですか? 世界100ヶ国以上の現在の大気汚染マップをチェックしよう。

 

ヘイズ対策:

部屋で空気清浄機を使って過ごすことをおすすめします。

特にヘイズが酷くなると、マレーシアの電気屋から空気清浄機が消えます。

以前に我が家も、空気清浄機を数カ月間購入できずに、我慢の時期がありました。

空気清浄機は、一家に一台ではなく、一部屋に一台をおすすめします。

備えあれば患いなしです!

 

地すべり:

マレーシアクアラルンプール周辺の地形は、平地が少なく、高低差があります。

マレーシアの建設会社は、建設する場所の土地のみを平坦にして、周囲と高低差がある場合は、建物物の周りに擁壁を建設し地すべりを防ぎます。

しかし擁壁工事に問題があることが多くあります。擁壁工事に問題があると、地すべりの原因となります。

また下記は、マレーシアの擁壁の写真です。擁壁の間から、大量の雑草が生えてきています。

逆に安全なのでしょうか?

 

地すべり対策:

マレーシアで、コンドミニアムや一軒家を借りる際に、擁壁がある建物はなるべく避けましょう。もし擁壁がある建物を借りる場合は、雨の日に擁壁を確認して、擁壁の間から大量の雨水が流れ出てないか確認しましょう!

 

地震:

マレーシアは、プレート境界、火山がなく世界で最も地震発生リスクが低い国です。

しかし過去、隣国のインドネシアで地震が発生した際に、マレーシアのペアン地区で若干の揺れを観測したデータがあります。

しかしながらマレーシアでの地震被害発生リスクは、ほぼ皆無に等しいでしょう!

 

地震対策:

必要なしです!

 

まとめ:

私がマレーシアに駐在して感じているのは、圧倒的な自然災害の少なさと治安の良さです!

マレーシアでは、一年中ほぼ同じ温暖な気候なので、短パン、Tシャツで過ごすことができます!

マレーシアで駐在してから、洋服を全く購入していません。私だけでしょうか?

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント