ニュース記事要約:マレーシア保健省はマラッカ州2,562件のデング熱感染者を確認した(雑感:デング熱について)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシア保健省はマラッカ州2,562件のデング熱感染者を確認した

 

ニュース記事:Health Dept : Melaka records 2,562 dengue cases, eight fatalities this year

 

出典:

Health Dept: Melaka records 2,562 dengue cases, eight fatalities this year | Malay Mail
MELAKA, Nov 15 — A total of 2,562 dengue fever cases with eight fatalities were recorded in Melaka from January 1 until November 10, said State Health and Anti-...

 

記事の超簡単要約:

2020年11月15日マレーシアマラッカ州保健省のラハマット委員長は、11月1日~10日の10日間で、マラッカ州にて2,562件のデング熱感染者を記録し8名が死亡したと発表した。

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

マレーシアに住んでいると、よく耳にする病名が『デング熱』です。

よく耳にしますが、『デング熱』についてあまり知らなかったので、

今日はデング熱について調べてみました。参考になれば幸いです。

 

デング熱とは?:

蚊によって媒介する感染症です。人から人には感染しません。

人→蚊→人と蚊を介してデングウイルス伝播します。

 

症状:

頭痛、発熱、筋肉痛、倦怠感、発疹、腹痛、下痢などを伴います。

1~5%の患者は、血小板が低下し、重篤型デングとなる場合があり鼻や歯肉から

出血することもあります。後遺症はありません。

 

潜伏期間:

蚊に刺されてから発症するまでの期間は、4~7日間です。

症状は、約1週間前後でおさまります。

 

治療方法:

特別な特効薬やワクチンはありません。水分補給や解熱剤の投与が治療薬となります。

 

流行地域:

マレーシア全域です。

 

死亡率:

0.5%未満です。

 

予防対策:

外出時は、長袖、長ズボンを着用し蚊に刺されないことです。

蚊よけスプレー、クリーム、シールなどがありますが、どれもさほど

効果はありません。

 

まとめ:

私のマレーシアでのデング熱の予防策について紹介します。

 

・コンドミニアムの上層階に住む

もしコンドミニアムの低層階と上層階を選べるのであれば、絶対に上層階を

選んでください。私は現在、19階に住んでいますが、部屋の中で一度も蚊を

見たことがありません。もし部屋を選択できるのであれば、上層階に住むことを

おすすめします。

 

駐在したばかりの時に、コンドミニアムの2階の部屋を借りて住んでいました。

窓を開けると、頻繁に蚊が室内に侵入してきたので、蚊を殺すテニスラケットを

使用して、蚊と格闘していました。今では良い思い出でです。

 

 

・外出時は基本長ズボン

本当であれば、外出時に長袖、長ズボンの着用をおすすめします。

しかし暑いマレーシアでは、長ズボンの着用で限界です。

私は、外出時、常に露出した両腕を目視しなから行動しています。

 

最後に日本の蚊とマレーシアの蚊の違いについて説明します。

・日本の蚊は素早く仕留めづらい

・マレーシアの蚊は動きが遅く比較的に仕留めやすい

 

また日本の蚊は刺されている間に、痛みはなく全く気がつきませんが、

マレーシアの蚊は刺されている間に、若干の痛みを感じることができます。

 

蚊の量は、日本よりマレーシアの方が圧倒的に多いと思いますが、

マレーシアの蚊は遅く比較的に仕留めやすく、

マレーシアの蚊は刺されている間に、若干の痛みを感じることができので、

痛みを感じた瞬間に、蚊を仕留めることができます。

私は幸いにも、まだデング熱に掛かっていません。

 

もし日本の蚊が、デングウイルスを伝播したら大変なことになりますね!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント