ニュース記事要約:マレーシアレストラン深夜までの営業延長を認める(雑感:マレーシア人はアツアツ料理を食べない?)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシアレストラン深夜までの営業延長を認める

 

ニュース記事:With most states still under CMCO, restaurants and shops can now close at midnight

 

出典:

With most states still under CMCO, restaurants and shops can now close at midnight | Malay Mail
PUTRAJAYA, Nov 23 — Restaurants and eateries are now permitted to operate until midnight to satisfy customers’ demands, Senior Minister Datuk Seri Ismail Sabri ...

 

記事の超簡単要約:

2020年11月23日マレーシア政府ヤアコブ国防相は、条件付き移動制限を発令して

いる地域でのレストランの営業時間を深夜0時までの認めると発表した。

レストランの他にコンビニエンスストア、ガソリンスタンドなどの営業時間も

深夜0時まで認められる。

 

ヤアコブ国防相は、営業時間延長の理由として『イスラム教の市民から、夜の

礼拝後にレストランでゆっくりと夕食を取ることができない』という苦情が多く

寄せられたと述べた。

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

ヤアコブ国防相が発表したように、

イスラム教の方々も、時間に余裕をもって食事はゆっくりと優雅に食べたいのですね!

一日も早く、コロナが終息することを祈ります。

 

今日は、マレーシア人と日本人の食事に関する違いについて、私がマレーシアで

生活していて日々感じることについてのベスト3を発表します。

 

第三位:

食事時間

マレーシア人と昼食や夕食を一緒に食べる機会が多くあります。

会食時に感じることは、食事時間の長さです。

とにかく食事時間が長い!

お酒を好む中華系の方々の食事時間が長いのは、なんとなく理解できます。

しかしお酒を全く飲まない、マレー系の方々との食事時間も長いです。

2~3時間なんてザラにあります。

 

マレー系の場合、食事、デザート、フルーツ、紅茶など次から次に、運ばれてきます。

駐在当初は、出された食べ物を全て食べていましたが、とある時に

食べれば食べるほど料理を出してくれることに気が付きました。

 

いまでは、マレー系の方との食事は、

腹5分目(食事) → 腹2分目(デザート、フルーツ) → 腹1分目(紅茶) = 腹8分目

腹8分目の方程式に従った、食事を楽しんでいます。

 

第二位:

音を立てて食べない

駐在当初に、マレーシア人と昼食にワンタンヌードルと食べていた時に、

私がワンタンヌードルをすする『ズルズル』という音を指摘されました。

 

同僚は、半笑いの顔で私に『音を立てて食べるのは周りの人の気分を害すよ』

教えてくれました。この意見には、賛否両論あると思います。

しかしそれ以来私はマレーシアで、ヌードル類を食べる時は、ヌードルを噛み切り

音を立てずに食べることにしています。

 

第一位:

アツアツ料理を食べない

マレーシアの人口の半分以上を占める人々は、イスラム教のマレー人です。

また人口の約一割は、インド系のマレーシア人です。

これらの人々は、食べ物を常温で食べます。

理由は、スプーン、フォーク、箸を使わずに、食事を手で食べるからです。

スープ料理のさほど熱くはありません。常温です。

 

時々、マレー系やインド系のご自宅に招待されて、食事を一緒にしますが、

彼らの出来立ての食事をアツアツ状態で食べたいなーと感じます。

このように考えるのは、私だけでしょうか?

 

まとめ:

日本人は、熱いものは熱いうちに食べ、冷たいものは冷たいうちに食べる食文化が

あります。特にものを食べる時は、木の箸、木のうつわで食べるので、食べ物の

温度が手に直接伝わることはありません。

日本文化素晴らしいー!!

 

少し前に、マレーシア人に同僚に、マレーシア人は、常温で食べ物を食べるから

喉頭癌になるリスクが低いと教えて頂きました。

医学的なデータを見ていないのでわかりませんが、一理あるかもしれません。

 

しかし日本に一時帰国したら、アツアツのラーメンや蕎麦を『ズルズル』と

音を立てて食べたいですね!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント