ニュース記事要約:マレーシアゴルフ協会はゴルフ場でのコロナ感染の警戒を呼びかける (雑感:ゴルフでの大失敗談)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシアゴルフ協会はゴルフ場でのコロナ感染の警戒を呼びかける

 

ニュース記事:Association calls for more vigilance after three more golf clubs in Selangor report Covid-19 cases

 

出典:

Association calls for more vigilance after three more golf clubs in Selangor report Covid-19 cases | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Dec 25 — The Malaysian Golf Association (MGA) is urging all golf clubs to make declaration forms obligatory after three more confirmed they had be...

 

記事の超簡単要約:

2020年12月25日マレーシアゴルフ協会の名誉幹事イスマエル氏は、

『一部のコルフクラブは、マレーシア政府が定めるコロナウイルス感染対策に

準じていない』と発表しました。

 

イスマエル氏は、『大会を開催する場合、人数制限は100人です。またレッドゾーンにあるゴルフクラブでの商品の授与式は禁止されています。また更衣室の最大の使用人数は15~20人です。』と述べました。

 

2020年12月25日スンガイロンゴルフクラブでは、スタッフ1名がコロナウイルスに感染したと発表しました。スンガイロンゴルフクラブでは、一時的に営業を停止すると発表しています。

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

 

ゴルフは大自然の中でプレーするスポーツなので、コロナウイルスの感染するリスクが

低いと思っていました。

しかしコルフクラブの更衣室などは、エアコンが効いていて、

密室なので感染のリスクが高いのですね。注意します。

 

一日も早く、コロナウイルスが終息することを祈っています。

 

私はゴルフをあまりやりません。

お客様から2回お誘いを受けたら、1回はお誘いを受けてプレーする程度です。

自分からは、プレーしようとは思いません。しかしゴルフが嫌いと言う訳ではありません。

 

今日は、私のゴルフの失敗談について書きます。

ドライバーで飛距離1ヤードの失敗談 

 

ゴルフを始めてから間もなく、ゴルフコンペへ参加することとなりました。

理由は、コンペへ参加する予定であった上司に、急用が入り、代役として私がそのコンペへ参加することとなったためです。当時、私のスコアは約130でした。

 

コンペ前日には、学生が試験前日に猛勉強するかのごとく、自宅近くの練習場で数百のボールを打った記憶があります。

 

コンペ当日のことは、いまでも鮮明に覚えています。コンペに参加する、すべての方々が初見で、お会いするすべの方々が、上級者のゴルファーであると感じました。

 

最初のホールは、パー5のロングルホールでした。私がプレーする順番は、4番目となりました。1人目、2人目、3人目が、無難に打ち終えると、緊張は頂点に達しました。

 

緊張の理由は、

・初対面の方々のナイスショットを見せ付けられたこと

・パー5のロングホールからくるプレッシャー

・絶対に飛ばさなければならないという考えなど

理由を挙げればきりがありません。

 

このような状況で、ゴルフ初心者が、緊張しない訳がありません。

私の順番がくるまでに、唇は乾き、手は震えだしました。

手の震えを悟られないように、手首を回し準備運動を続けました。

 

いざティーグランドに立つと、ボールをティーに乗せることすらてこずる状態でした。

数回素振りをした後、ボールポジションに入り、

クラブを10割の力で力いっぱい振りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は、クラブヘッドは、ボールをかすり、飛距離は1ヤードを記録しました。

この瞬間ほど、穴があったら入りたいと思ったことはありません。

 

まとめ:

ドライバーでの失敗談を振り返ってみると、

飛距離1ヤードのドライバーショットは、偶然ではなく、

必然の出来事であったと考えています。

 

ドライバーをコントールするどころか、

自分自身の気持ちをコントロールすることが全くできていませんでした。

 

私は現在マレーシアに駐在しています。

2020年3月のロックダウン以降、私はゴルフには行っていません。

 

毎日、マレーシアのニュースでは、数千人の人達がコロナウイルスに感染したとの

ニュースが報じられています。

 

コロナウイルス感染のニュースを見聞きする度に、

・いつ日本へ一時帰国できるのだろうか?

・自分もコロナウイルスに感染するのだろうか?

・マレーシア出向先での従業員の雇用は、来年も確保できるのだろうか?

などなど心配事が頭をよぎります。

 

しかし心配をしていてもなにも解決しません。

 

ドライバーと同じように、まずは自分にできる最善の事を行い、

自分自身の気持ちをコントロールしていきたいと考えています。

コロナウイルスには負けません!

来年は良い年でありますように!

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント