ニュース記事要約:マレーシアとシンガポールを結ぶ鉄道計画は多くの雇用を創出する(雑感:Bukit Chagar周辺の不動産が高騰する?)

マレーシアニュース

マレーシアニュース記事訳:

マレーシアとシンガポールを結ぶ鉄道計画は多くの雇用を創出する

 

ニュース記事:JB-Singapore RTS link to create tens of thousands of jobs, MRT CEO says in groundbreaking event

 

出典:

JB-Singapore RTS link to create tens of thousands of jobs, MRT CEO says in groundbreaking event | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Nov 22 — The upcoming Rapid Transit System (RTS) Link development project connecting Johor Baru and Singapore is expected to create nearly 17,000 ...

 

記事の超簡単要約:

2020年11月22日MRT社のCEOのハシム氏は、マレーシア南部のジョホールバル州と

シンガポールを結ぶRTS鉄道事業の起工式に参加しました。

 

ハシム氏は、『この鉄道開発プロジェクトで多くの雇用機会を生み出す』と述べました。

またこの鉄道プロジェクトは、2026年12月31日終了すると述べています。

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

記事にあるRTS鉄道工事について調べてみました。

 

プロジェクト名:

Johor-Singapore Rapid Transit System(ジョホール-シンガポール間輸送システム)

 

工事期間:

2026年12月31日まで

 

鉄道距離:

4km

 

駅名:

ジョホール側→ブキットチェガー

シンガポール側→ウッドランドノース

 

総事業費用:

107億RM(2,800億円)

 

輸送能力:

1時間あたり→10,000人 1日あたり→150,000人

 

運賃:

未定(推定運賃片道:30RM=750円)

 

まとめ:

旅行者や駐在員が、マレーシアからシンガポールへ入国する一般的な方法を下記に記載します。

 

・飛行機

・バス

・タクシー

・乗用車

・徒歩  

 

飛行機と同じように、バス、タクシー、乗用車、徒歩で国境を超える場合も

マレーシア側とシンガポール側のイミグレーションで、パスポートを確認

してもらう必要があります。

 

道と両国のイミグレーションがすいていれば、1時間前後で通過することができますが、

混雑している時は、2~3時間掛かることもあります。私は過去に4時間掛かった

経験もあります。

 

もしRTSが開通したら、現在、バス、タクシー、乗用車で国境を超えている

人達の多くが、RTSを利用して、渋滞がなくなるかもしれません。

 

またRTSによって、移動時間が劇的に短縮されて両国間の人と物の移動が

劇的に増えると予想されています。

 

現在、マレーシアのジョホール州では、超高級住宅や超高級コンドミニアムが

数多く建設されています。

 

RTSの開通前に、多くのシンガポール人がマレーシアへ移り住み、

RTSを使用して、マレーシアからシンガポールへ通勤するのでしょうか?

 

ちなみにRTSマレーシアジョホール側の駅名は、Bukit Chagar(ブキットチェガー)です。

お金に余裕がある方は、Bukit Chagar(ブキットチェガー)周辺のコンドミニアムや

商用物件の購入をおすすめします。

数年後には、2~3倍の値段になるかも?

下記に、Bukit Chagar(ブキットチェガー)の場所の写真を貼り付けておきます。

 

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント