ナジブ元首相、二審でも有罪判決!いよいよ最後の裁判へ、、、、、

マレーシアニュース

ニュース記事:

Najib remans free as court stays 12 year sentence, RM 210m fine pending final appeal of SRC International conviction

 

出典:

Najib remains free as court stays 12-year sentence, RM210m fine pending final appeal of SRC International conviction | Malay Mail
PUTRAJAYA, Dec 8 — Datuk Seri Najib Razak successfully obtained a stay of execution for his sentence of 12 years’ imprisonment and RM210 million fine as imposed...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月8日マレーシア政府のナジブ元首相は、

裁判所の判決後、オンラインで記者会見を開催し、

『私は裁判所の判決に失望しました。

マネーロンダリングや職権乱用などの罪に関して、

神に誓って関与していません。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシア元首相のナジブ氏は2009~2018年長期間に渡り

マレーシアの首相を務めていました。

2009年ナジブ氏は、国家インフラ開発のために1MDB社を設立しました。

ナジブ氏この1MDB社を不正に利用して、巨額資金の流用、個人口座への送金などの

罪に問われています。

この事件で消滅した資金は、45億USドル(約5,000億円)です。

過去に前例のない、桁違いの金額ですね!

 

まとめ:

マレーシアの現在の首相は、サブリ首相です。

サブリ首相の過去の経歴は、

2008年:スポーツ大臣

2009年:国内貿易大臣

2013~2015年:農業、産業大臣を兼務

2015~2018年:農業、地域開発大臣を兼務

 

ナジブ氏が2009~2018年に渡りマレーシアの首相を務めている期間、

サブリ現首相はナジブ政権の要職を努めていました。

間違いなくサブリ現首相は、ナジブ元首相から

良案、愚案、公正、不正などを様々なことを学んでいるでしょう。

 

ナジブ氏は、今回の有罪判決を不服として、連邦裁判所へ上告する予定です。

ナジブ氏が、上告すれば連邦裁判所が最後の裁判の場となります。

私にはナジブ氏が、有罪なのか無罪なのか、わかりません。

しかし最後の裁判で、正しい判決結果が言い渡されることを期待します。

 

マレーシアは、マレー人、華僑、インド人などの複数の人種が1つの国の中で

生活しています。

世界でも珍しい多民族他宗教のイスラム国家です。

国の政治の舵取りは難しいでしょう。

しかし私は心から、サブリ氏に国民に寄り添った、清い公正な政治運営を期待します。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント