セルフキットを購入!!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Nanta : orice of Covid-19 self-test kits to be further lowered by year end

 

出典:

Nanta: Price of Covid-19 self-test kits to be further lowered by year end | Malay Mail
KUCHING, Sept 5 — The price of Covid-19 self-test kits will be lowered again by this year end to ensure its affordability for all, said Domestic Trade and Consu...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月5日マレーシア政府国内消費者大臣のリンギー大臣は、

『マレーシア政府保健省に登録されている新型コロナウイルス

セルフキットは16種類あります。

現在の小売価格は、1個19.9RM(約500円)で固定されています。

政府としては、多くの人々に利用してもらいたいので

年末にかけて更に値段を下げる予定です。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

先週、私も3個のセルフキットを購入して会社と自宅に保管しました。

備えあれば憂い無しですね!

薬局には、大量のセルフキットが山積みされていました。

 

昨年は、マスクが薬局の商品棚から姿を消しましたが

今回はセルフキットが売り切れになる可能性は少なそうですね。

 

日本での販売価格を調べたら、同じ唾液で検査するタイプのもので

約1,500円でした。マレーシアと日本の物価の違いを考慮すると

マレーシア国内の販売価格、1個19.9RM(約500円)は妥当ではないでしょうか。

 

まとめ:

あと残るは、薬局の商品棚に経口薬が並べば

新型コロナウイルス終息の道筋が見えてきますねー!

コロナ治療薬、年内申請へ 最大で年間200万人分供給―塩野義製薬:時事ドットコム
塩野義製薬は6日、開発中の新型コロナウイルス治療薬について、「条件付き早期承認」の年内申請を目指すと明らかにした。治療薬はウイルスの増殖を抑制する軽症者向けの飲み薬で、承認されれば軽症者用経口薬としては国内初。実用化をにらみ、年内に年間100万~200万人分の供給体制を整える。

 

記事によると、塩野義製薬は2021年の年末までに100~200万人の供給体制を

整えると発表しています。

またファイザー社とメルク社も後期の最終治験を実施していると発表しています。

 

日本、マレーシアでもワクチン接種が増えているのもかかわらず

新規感染者は減少する気配がありません。

 

1日も早く、1日も早く、新型コロナウイルスの経口薬が

発売されることを心から祈っています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント