ジョホールバル州のイスカンダル地域へ4,000億円の投資!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Iskandar Malaysia records RM13b in investments in first half of 2022

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年7月25日マレーシア政府のサブリ首相は、

『2022年上半期、ジョホールバル州のイスカンダル地域への

投資額は130億リンギット(約4,000億円)を記録しました。

これは外国人投資家が依然としてマレーシアへの投資に

自信を持っている証明です。

またイスカンダル地域は、製造業、商業地、住宅地としてだけでなく

近代農業の拠点としても注目されています。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

ジョホールバル州のイスカンダル地区は、シンガポールの対岸にあります。

シンガポールからの投資マネーの影響もあり、

多くの建設プロジェクトが進行中です。

また数年後には、ジョホールとシンガポール間を行き来できる鉄道が開通予定です。

多くの投資家は、ジョホールバル州には発展の余地が

まだまだあると考えているのでしょうか?

 

まとめ:

新型コロナウイルス発生前は、毎月のようにジョホールへ出張していました。

ジョホールに出張へ行く度に、新しいコンドミニアムやレストランが

次々と完成して都市の景観が変化していくことに驚いていました。

 

しかし先月、ジョホールへ出張した際に、

多くのレストランや美容室が廃業していました。

 

また夕方から夜にかけて、ジョホール州内で車を走らせていると

多くのコンドミニアムの部屋には明かりがなく、空室が目立っていました。

コンドミニアム全体が暗く、人が生活している様子がありませんでした。

特に私はイスカンダル地区のコンドミニアムは、

ゴーストタウンのようになっていました。

 

今後、新型コロナウイルスが完全に終息すれば、

イスカンダル地区に人が戻ってくる可能性はあると思います。

しかしイスカンダル地区の不動産価格は、

クアラルンプール周辺と比べても割高だなーと感じるのは私だけでしょうか?

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント