ショッピングモールから店が消える!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Bank Negara : Offices, malls in Malaysia may turn emptier with shift to e-commerce, flexi-work arrangements

 

出典:

Bank Negara: Offices, malls in Malaysia may turn emptier with shift to e-commerce, flexi-work arrangements | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 29 — More and more space in Malaysia’s offices and shopping malls may be left unoccupied, while rental prices for such commercial properties ...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月29日マレーシア国立銀行の調査によると

『今後マレーシアのオフィスやショッピングモールで空きスペースが

激増する可能性があります。

また賃貸価格も下落するでしょう。

新型コロナウイルスの影響で、消費者はオンラインで買物をする機会が激増しました。

2020年首都圏のオフィススペースの空室率は、26.4%でした。

現在は、28.6%に増えています。

家主は、現在のテナントを維持するために、

賃貸料数カ月間無料、賃貸料の割引などを行っていますが

空室率の低下には歯止めが掛かっていません。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアでは、オンラインショッピングが年々便利になってきています。

私は食料品の購入は、Aeon、Tescoにお世話になっております。

また洋服や日常品は、Shopee、Lazadaです。

これらのサイトを利用すれば、大抵の物は買い揃えることができます。

 

まとめ:

私が感じるオンラインショッピングの魅力は、価格の安さです!

多くのものは、小売店より10%-30%安く購入することができます。

人件費、賃貸料、光熱費などの販売管理を抑えることによって

小売店より価格を抑えることができるのでしょう!

 

今後益々、オンラインショッピングが普及した場合、

街中の小売店の撤退が加速するのでしょうか?

人間は欲望の塊で、便利なものをとことんまで追求するので、

この流れは止まらないのではないでしょう!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント