サブリ新首相の略歴

マレーシアニュース

ニュース記事:

Ismail Sabri : A brief look at the career of Malaysia’s next prime minister

 

出典:

Ismail Sabri: A brief look at the career of Malaysia’s next prime minister | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Aug 20 — Datuk Seri Ismail Sabri Yaakob was named as the ninth prime minister of Malaysia today, after the Yang di-Pertuan Agong was satisfied tha...

 

記事の超簡単要約:

2021年8月21日、サブリ氏がマレーシア第9代目の首相に任命されることが

決定しました。記事では、サブリ氏の略歴を紹介しています。

 

2008年:スポーツ大臣

2009年:国内貿易大臣

2013~2015年:農業、産業大臣を兼務

2015~2018年:農業、地域開発大臣を兼務

2020~2021年:国防大臣、副首相を兼務

最終学歴:マラヤ大学法学部学士号取得

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

2021年8月21日、マレーシア第9代目の首相にサブリ氏が就任します。

サブリ氏は、統一マレー国民組織(UMNO)の所属する議員です。

サブリ氏の首相就任により、UMNOは3年振りに首相の席を奪還することとなりました。

UMNOは、マレーシア建国以来、マレーシアの政治を支配していた政党です。

しかし2018年ナジブ首相時代、汚職、不祥事、横領などが相次ぎ、

UMNOの国民からの支持は低下しました。

そしてマハティール首相率いる野党連合に敗北しUMNOは野党となりました。

 

まとめ:

マレーシア元首相のナジブ氏は2009~2018年長期間に渡り

マレーシアの首相と努めていました。

ナジブ氏が首相を努めていた期間、

サブリ氏はナジブ政権の要職を努めていました。

また前政権ムヒディン首相の時は、副首相も努めています。

サブリ氏は、過去の首相達から、良案、愚案、公正、不正などを様々なことを

学んでいると思います。

 

マレーシアは、マレー人、華僑、インド人などの複数の人種が1つの国で住む、

多民族他宗教のイスラム国家です。国の政治の舵取りは難しいでしょう。

しかし私は心から、今回首相に任命されたサブリ氏に国民に寄り添った清い

公正な政治運営を期待します。

 

またサブリ首相新政権が、新型コロナウイルス終息の道筋が立てられるように

心より祈っています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント