サバ州貧困層へ住宅を無償提供!

マレーシアニュース

ニュース記事:

1,500 homes to be given free to needy Sabahans

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年4月22日マレーシアサバ州のハジジ首相は、

『サバ州は、貧しい市民へ合計で1,500戸の住宅を無償で提供します。

住宅を受け取ることができる人は、

市議会の厳格な審査により決定します。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

毎年ハリラヤ祭を迎える前にマレーシアでは、多くの政府や企業が寄付をします。

これはイスラム教の『富む人が貧しい人に分け与える』教えからきています。

しかしながら住宅の無償提供とは、かなり珍しく高額な寄付です。

マレー人だけではなく、華僑やインド系のマレーシア人も

住宅無償提供の対象なのでしょうか?

 

まとめ:

最近日本では貧富の差が拡大しているとニュースなどでみかけるようになりました。

しかしマレーシアの貧富の差は、日本とは比較になりません。

マレーシアの貧富の差を生んでいる原因は、相続税です。

マレーシアには、相続税制度がありません。

つまり金持ちは、相続税の支払いなく親から子へ資産を引き継ぐことができます。

これでは、貧乏人へは資産が再分配されません。

相続税は、資産の再分配が目的です。

まずはマレーシアの政治家が、相続税の仕組みを理解して

法制度を変更する必要があるのではないでしょうか。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント