ケダ州で4Dゲームの販売とギャンブルが禁止!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Don’t ban alcohol, but keep 4D ban, says PAS wing

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年9月3日記事によると、

『2021年マレー系人口の多いケダ州では、

アルコール販売の制限が発表されました。

そして昨日、ケダ州では4Dゲームの販売やギャンブルを実質的に禁止し、

今後営業許可を更新しないと発表しました。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

多くの中華系のマレーシア人は、

アルコール、ゲーム、ギャンブルが大好きです。

中華系のマレーシア人にとっては、

悲しいニュースとなりました。

 

まとめ:

私は、マレーシアに駐在するようになってから

ほとんどアルコールを飲まなくなりました。

一番大きな理由は、同僚の多くがマレー人だからです。

 

現在、私はマレーシアの現地法人で働いています。

会社のイベントで、社員が多く集まる会食の場では、

全社員がアルコールを飲むことはありません。

アルコールを飲む人と飲まない人が、

一緒に集う会食の場では、

アルコールを飲まない選択をする、

会社のスタッフは素晴らしいと思います。

 

しかし、たばこは、

吸わない人の前でも、遠慮なく吸います。

なぜでしょうか?

たばこも、アルコールと同じように、

吸わない人に合わせることはできないのでしょうか?

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント