グータッチを求められることが恐怖!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Penang cops to monitor state recreational spots over four days, to recommend closure if crowded

 

出典:

Penang cops to monitor state recreational spots over four days, to recommend closure if crowded | Malay Mail
GEORGE TOWN, Sept 16 — Penang police will be closely monitoring recreational spots in the state to check on crowds over a four-day period, said Penang police ch...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月16日マレーシアペナン警察のザイン署長は、

『警察は、ビーチや公園など人が多く集まる場所で監視を強化しています。

もしそれらの場所で、人で混雑していると判断した場合は、

新型コロナウイルス感染防止対策の一環として施設を閉鎖します。』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

先週から朝夕の時間帯でクアラルンプール市内の道も混雑してきました。

規制が緩和されて多くの人が外出している証拠です。

 

多くの幼稚園では、来週から生徒の受け入れを開始します。

今後、多くの学校が再開する予定なので、

人の移動が多くなり、新型コロナウイルスが感染拡大しないか心配です。

 

 

まとめ:

最近のマレーシア国内の1日あたりの新規感染者数は、

16,000~20,000人前後と、決して少ない数字ではありません。

しかし私がマレーシアで生活していて感じるのは、

人々が『感染に対する危機感が薄れはじめている』ということです。

 

具体的事例を紹介すると、

・エレベーターにて

私は現在、コンドミニアムの20階に住んでいます。

私が20階からエレベーターで下に降りる時に、エレベーターが途中で停止して

他の住民がエレベーターに乗ることがあります。

先月までは、私がエレベーターに乗っていると、

他の住民は、新型コロナウイルスの感染を恐れて、

絶対にエレベーターに入ってきませんでした。

 

しかし先週頃から、住民の多くは、私がエレベーターに乗っていても

エレベーターに入ってきて一緒に下までおります。

また住民の中には、エレベーター内で挨拶程度ですが、

話しかけてくる住民も増えてきました。

神経質になりすぎでしょうか。

 

・会話する距離

特に会社内ですが、スタッフとの会話する距離が近くなっているように感じます。

会話する時は、『もっと離れて』と言いたいのですが、

気が引けてしまい会話中に『もっと離れて』とは、言うことができません。

私はマスクの上から口を手で覆い、

『ちょっと距離が近いよ』とアピールしています。

 

・グータッチを求めてくる

マレーシアでは、新型コロナウイルス発生前、

人と会う時は、『握手』や『ハグ』をすることが一般的でした。

しかし新型コロナウイルスの感染拡大で、『握手』や『ハグ』をすることはなくなりました。

しかし最近、『グータッチ』を求める人が増えてきました。

私から『グータッチ』を求めることは決してないのですが、

相手が『グータッチ』を求めてきたら、『グータッチ』をしなければなりません。

正直、私はこの『グータッチ』が苦痛です。

しかしこの『グータッチ』も拒否することができません。

 

以上3つの事ですが、私の神経の使い過ぎでしょうか。

しかし新型コロナウイルスは、決して終息した訳ではないので、

もう暫くの間、自分が感染しないように注意して生活していきます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント