クアラルンプール~バンコク間に新幹線!

マレーシアニュース

ニュース記事:

Thailand and Malaysia to study KL-Bangkok HSR, says PM

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2022年2月26日マレーシア政府のサブリ首相は、

『マレーシア政府とタイ政府は、

今後クアラルンプールとバンコク間で、

高速鉄道の建設と運用が実現可能か調査を実施します。』と述べました。

 

この記事に大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

マレーシアの首都クアラルンプールと

タイ首都バンコクを繋ぐ高速鉄道プロジェクトが決定すれば、

マレーシアにとって過去最大のビックプロジェクトになるでしょう。

しかしそう簡単に、両国が調印して建設開始とはならないでしょう!

 

まとめ:

クアラルンプールとバンコク間で高速鉄道プロジェクトが、

短期間で合意、建設開始になるとは考えられません。

昨年マレーシアは、マレーシアとシンガポールの新幹線プロジェクトの

中止を発表しました。

このマレーシアとシンガポールの新幹線プロジェクトを時系列で追ってみました。

 

2010年10月

マレーシア政府が、マレーシアとシンガポール間を結ぶ高速鉄道計画を発表

 

2013年2月

マレーシアのナジブ首相とシンガポールのリー首相が高速鉄道計画の建設を正式に合意する

 

2013年8月

マレーシア政府が経済閣僚会議で、高速鉄道計画の報告書が正式に承認される

 

2013年12月

両国間で合同閣僚会議が開始される

 

2014年1月

マレーシア政府は、マレーシア側の発着駅は旧空軍跡地のバンダーマレーシア地区にすると発表する

 

2015年5月

両国政府は、高速鉄道の完成時期を再考する必要性を発表

 

2016年1月

シンガポール政府は、シンガポール側の発着駅をジュロンイースト地区にすると発表

 

2016年7月

両国政府は、高速鉄道計画の基本契約事項に合意し2026年までに開業すると声明を発表する

 

2016年12月

両国政府は、高速鉄道計画の建設工事計画に合意することを発表

 

2018年5月

マレーシアの政権交代となり、多額の連邦債務が発覚したことから建設計画の履行を延期すると発表

 

2020年5月

新型コロナウイルスの影響を考慮し、両国政府は2020年12月末まで延期を発表する

 

2021年1月1日

マレーシア首相府のモハメド大臣から新幹線事業の計画の中止が発表

 

時系列で調べて驚いたのですが、この新幹線プロジェクトが発表されたのは、

2010年10月なのですね。10年以上の年月が経っています。

両国間のプロジェクトの担当者の方々は、さぞ苦労したでしょう。

 

やはり2つの国で、1つのプロジェクトを完成させて、事業を継続させていくのは

難しいのでしょう。

両政府の首相のパフォーマンス発言で、

実現不可能な建設案件を調査しなければならない、

役人の方たちの苦労を察します。

 

私は断言します。

このクアラルンプールとバンコク間で高速鉄道プロジェクトは、

実現しないでしょう!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント