キャリアアップの鍵は英語力!

マレーシアニュース

ニュース記事:

English key to advance your career, Johari Ghani tells youths

 

出典:

Just a moment...

 

記事の超簡単要約:

2021年12月29日マレーシア元財務大臣のガニ氏は、

『マレーシアでキャリアアップするために必要なものは英語力です。

幼少時からしっかりとした英語を身につければ、

海外で成功することができるでしょう。

特に民間の会社では、英語は重要です。』と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

ここ数年で帰国子女バイリンガルの駐在員が増えたなーと感じています。

彼らの多くは幼少期からインターナショナルスクールで学んでいるので、

ネイティブ同等の英語を話します。

日本では、小学校から英語教育が始まっています。

今後、世界的に見ても流暢に英語を話す人が増えていくでしょう。

将来的には、日本の大学も英語で授業が行われるかもしれません。

 

まとめ:

私が駐在したばかりの頃、帰国子女バイリンガルの駐在員の前で

英語を話すことが嫌でした。

私の英語は、日本人特有の超カタカナ英語だからです。

私は帰国子女バイリンガルの駐在員に、

バカをさらけ出しているように感じていました。

 

マレーシアは多民族の国で、

マレー系、華僑、インド系の3民族の話す英語は、

なまりが強く文法もメチャクチャです。

しかし自分の意思をしっかり伝える英語を話しています。

そんな私はマレーシア人に影響され、今では臆することなく、

超カタカナ英語で押し通しています。

 

また以前、上司が私に

『英語を上手く話せた方が良いが、

まずは気持ちが伝わないと内容も伝わないよ。』と教えてくれたのを覚えています。

今後も超カタカナ英語を磨き続けていきます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント