カイリー大臣の妻は日本人クォーター

マレーシアニュース

ニュース記事:

Khairy : Govt discussing new SOPs as Covid-19 becomes endemic in Malaysia

 

出典:

Khairy: Govt discussing new SOPs as Covid-19 becomes endemic in Malaysia | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Sept 1 — Steps are being taken by the government to prepare a set of new standard operating procedures (SOP) to guide the public on living with Co...

 

記事の超簡単要約:

2021年9月1日マレーシア政府カイリー保健大臣は、

『新型コロナウイルスを完全に封じ込めることは不可能です。

風土病として受け入れる必要があります。

私達は、このウイルスと一緒に生活する必要があるのです。

そして安全に生活できるように、新しい生活スタイルを取り入れることが

大切です。マスクの着用は、今後も必要です。

2021年10月末頃に人口80%のワクチン接種を達成する見込みです。

新型コロナウイルスは、パンデミックからエンデミックのステージにあります。』

と述べました。

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

カイリー保健大臣は、現在45歳です。

マレーシアの政治家の中では、特出して若く出世しています。

カイリー保健大臣の経歴について調べてみました。

 

カイリー氏の父親は、元外交官でした。

父親がクウェートに赴任中にカイリー氏クウェート生まれました。

中学、高校はシンガポールのユナイテッドカレッジ・サウスイーストアジアで学び、

大学はイギリスのオックスフォード大学で政治、経済を学びました。

生粋のエリートです。

 

2001年にカイリー氏は、Nori Abdullahさんと結婚しています。

Nori Abdullahさんの父親は、なんと第5番目のマレーシアの首相Badawi氏です。

政治家として最高のコネクション持っています。

そしてなんとNori Abdullahさんの母親は、日本人のハーフなのです。

母親の名前は、Endon Mahoodさんです。

 

つまりカイリー氏の妻、Nori Abdullahさんは、日本人の血が25%入っている

クォーターということになります。

もしカイリー氏の子供が将来政治家になり、そして首相になった場合、

日本人の血が入った首相がマレーシアの地で誕生することになります。

 

まとめ:

皆さんは、カイリー氏の目を見たことがありますか?

カイリー氏には、鋭い目力があります。

彼の目を見ていると、どんな困難も立ち向かっていく強い意思を感じます。

間違いなくカイリー氏は、近い将来の首相になる人物です。

 

現在、マレーシアの新型コロナウイルス対策は、保健省が対応しています。

カイリー氏は、その保健省のトップです。

 

カイリー大臣の強い意思と目力で、新型コロナウイルスを終息へ導いて

くれるものと信じていまいます!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント