ウェブで購入できる睡眠薬は違法!?

マレーシアニュース

ニュース記事:

Dr Noor Hisham : 2,600 websites offering dangerous drugs blocked ; unregisterred

Meds worth over RM2.2 seized in raids

 

出典:

Dr Noor Hisham: 2,600 websites offering dangerous drugs blocked; unregistered meds worth over RM2.2m seized in raids | Malay Mail
KUALA LUMPUR, June 13 — A total of 2,600 websites offering dangerous drugs were blocked while unregistered medicines worth over RM2.2 million were confiscated i...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年6月13日マレーシア保健省のアブドラ大臣は、

『マレーシア保健省は、5月18日~25日の1週間で、

危険な薬物を販売する約2,600のウェブサイトをブロックしました。

また約2.2M(55百万円)の未登録の医療薬品を没収した』と発表しました。

 

またアブドラ大臣は、

『没収した多くの医療薬品は、向精神薬が多く無許可販売が増加傾向にある』

と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感:

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

向精神薬とは、主に鎮静剤、睡眠薬、精神安定剤です。

 

鎮痛剤は、不安な気持ちを和らげ、筋肉の緊張をほぐす薬です。

医師の処方に従わずに服用すると、一時的にハイな気分となり、足元がふらついたりするなどの症状が現れます。

 

睡眠薬は、不眠症などの症状を持つ人に正常な眠りを与える薬です。睡眠薬を飲むと

心が落ち着き、眠気を誘います。しかし医師の処方に従わずに服用すると、薬が効いている間の出来事は記憶に残らず、夢のような状態に陥ります。またアルコールと一緒に服用すると強烈な抑制作用が起こり、昏睡や死亡の危険性もあります。

最近、日本の若者の間では睡眠薬を『ミンザイ』と呼び、

睡眠薬をポップな呼び方をして『ミンザイ』を服用する人が増えています。

 

精神安定剤は、通常精神病の治療に用いられる薬です。

普通の人が乱用すると幻覚などの恐ろしい作用が現れます。

また依存性が非常に強いのが精神安定剤の特徴です。

 

これらの向精神薬は、依存度が非常に強く、薬の購入には医師の処方が必要です。

またインターネットで販売されている向精神薬の多くは、

政府未登録の薬なので、安全性は担保されていません。

医師の処方箋なしに購入してはいけません!!

 

 

まとめ:

私は、不眠症です。

20代の頃は、何時間でも寝ることが可能でした!

若い頃は、一度寝たら朝まで絶対にトイレに行くことはありませんでした。

 

しかし今では、1週間の内、1日か2日は夜眠ることができません。

眠りについても、数時間でトイレで起きてしまいます。

一度、不眠症に悩み病院で睡眠薬の処方をお願いしたことがあります。

 

病院の医師は、私に睡眠薬を飲む前に生活習慣の見直しはどうかと

提案してくれました。

 

医師からの提案事項:

・寝る2時間前に携帯電話やパソコンを使用しない

・飲酒を控える

・21:00PMまでに夕食を済ませる

・有酸素運動を週に3回~4回程度行う

・昼寝はしない

・寝る2時間前に風呂に入る、もしくは足湯を行う

 

病院の医師の意見としては、若い時は自然と睡魔が襲ってきて眠ることができるが、

30歳を過ぎてからは寝る準備を整えなければ、質の良い睡眠は得ることができないと

教えてもらいました。

 

現在でも、1週間の内、1日か2日は夜眠ることができません。

しかし以前よりも確実に眠ることができる日数が増えました。

安易に『ミンザイ』に頼らなくてよかったと感じています。

 

もし不眠症で悩んでいる方がいれば、

是非一度、上記の医師からの提案事項を試してみてください。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント