あなたの携帯電話は大丈夫ですか? (雑感:オレオレ詐欺)

マレーシアニュース

ニュース記事:

Kaspersky says it detected 103,573 mobile malware attempts in Malaysia last year

 

出典:

Kaspersky says it detected 103,573 mobile malware attempts in Malaysia last year | Malay Mail
KUALA LUMPUR, April 15 — A total of 103,573 mobile malware attempts were detected in Malaysia last year in tandem with the increased usage of e-payment platform...

 

 

記事の超簡単要約:

2021年4月15日インターネットウイルス対策ソフトを販売しているKaspesky社の

役員コネル氏によると、『サイバー犯罪者は、常に世界の動向を冷静に監視し

潜在的な被害者にとって最も興味深いトピックを収集し、巧みに人々を騙している。

最も多い手口としては、偽の電子財布アプリをダウンロードさせることである』

延べました。

 

またコネル氏は、

『マレーシア国内の携帯電話の場合、標的となる携帯電話の99%がAndroidである』と述べました。

 

 

この記事に関する大丸の雑感

ここからは、大丸の雑感です。

私は現在、マレーシアで海外駐在をしています。

Androidは、Google社が開発したモバイルアプリケーションです。

またIOSは、Apple社が開発してI phoneとI pad向けに開発したモバイルアプリケーションです。

この記事によるとマレーシア国内では、Androidを使用している携帯電話が標的となっています。

私は、現在I phoneを使用していますが、毎日のように怪しいメッセージが届きます。

 

昨日、届いたメッセージは、

『Easy job, you can earn 5,000-10,000RM monthly, please download this app』

上文を訳すと下記となります。

『簡単な仕事があります。毎月、120,000円~250,000円稼ぐことができます。

このアプリケーションをダウンロードしてください』

 

一瞬、高額なアルバイトなのでアプリケーションをダウンロードしようと思いましたが、

怪しすぎるので、踏みとどまりました!

 

 

まとめ:

先日、日本の新聞記事を読んでいると、

地域別オレオレ詐欺の被害状況マップを見かけました。

記事によると、東日本と西日本を比べると、西日本の方が、圧倒的に被害が少ないそうです。

 

オレオレ詐欺→西日本<東日本

 

理由は、電話で会話をする際に、西日本の人々は東日本の人々を比べて、

圧倒的に口数が多く、そして会話を重ねるうちに、詐欺を見破るケースが多いそうです。

しかし東日本の人々は、詐欺師の言葉を聞き入ってしまい、詐欺師の言葉通りに

お金を振り込んでしまうケースが多いそうです。

 

しかし記事では、オレオレ詐欺のような事件では、西日本の方被害件数は、

圧倒的に少ないが、

投資詐欺のような『あなただけに特別な情報がありますよ』的な詐欺被害は、

東日本と西日本を比べると、西日本の方が、圧倒的に被害が多いそうです。

 

投資詐欺→西日本>東日本

 

これは、私の個人的な意見ですが、詐欺師グループは、地域性を考慮して

詐欺の方法を変えて人々を騙そうとしているのでしょう!

もはや詐欺師グループは、企業のマーケティングチームと全く変わりがありません。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを押してくれるとブログを続ける励みになります。

応援よろしくお願い致します。

コメント